バナー

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

カテゴリ

月別アーカイブ

しあわせセラピー

☆しあわせセラピー☆


この世でなんとかできるのは、自分のことだけなんです。

だから、自分のことは自分でなんとかするの。

他人のことはどうにもならないんだよ。

それで、他人はどうにもならないかというと、なんとかなる。

「この人たち、放っておくと大変なことになっちゃうんじゃないか」っていうような人でも、見てるとそうならないの。

たとえば、まったく経済観念がない経営者がいて、「この人、大丈夫かな?」って思うけど、そういう人は経営者に向かないの。

だからしばらくすると、その会社はなくなって、その経営者は働きに出ることになったりしてるんだよね。

物事って、一番いいかたちに流れていくようになっているんだよ。

多くの人は「商売が続くことがいい」という固定観念があるんだけど、商売に向かない人が商売を続けていてもしようがないんだよ。

だから経営者に向かない人が商売をしていると、自然とお店がなくなって勤めにいくことになっているの。

そういう人は、経営者には向かないかもしれないけど、勤め人ならなんとかなって、お給料もらって生活できたりするんだよね。

だから、人は必ずなんとかなる。

この世の中は必ず“なんとかなる”か“どうにかなる”ということを知らないと、勝手に思い詰めて自殺しちゃう人が出ちゃうの。

でも自殺しても魂は死なないから、また学び直すために生まれ変わってくるだけなの。

だから、たとえ死んだとしてもなんとかなるんです。


“なんとかなる”ということを基準にして見てないときりがないからね。

自分の悩みを解決できたとしても、世の中には悩んでいる人は山ほどいるから。

でも、人は悩んでるんじゃなくて、学んでるの。

その人にとって必要なことを、その出来事を通じて学んでるんです。

そしてどんな問題も、その人にとって最善の方法で、自然の流れでいい方に行くの。

それを「自分が決めて始めたことなんだから、途中であきらめたらダメだ!」とかって、自分の価値観を相手に押し付ける人がいるんだよね。

スポーツで全国大会に出るような人は、出た方がいいから出られるの。

逆に、出られない人は出ない方がいいんだよ。

世の中というのは、「必ずなんとかなるんだ」という目で見てないと、苦労が絶えないからね。

自分のことは自分でなんとかするの。

そして、他人のことは「なんとかなる」と思って見てないとダメなんです。


柴村恵美子 著
『斎藤一人 天が味方する引き寄せの法則』より

しあわせセラピー

☆しあわせセラピー☆


私は、仕事でもなんでも、いくらか魂が成長したらいいなと思ってるんだ。

もちろん私よりも成長している人は山ほどいるよ。

だけど、私はいまの段階から1歩でも進めたらいいなって思う。

仕事でも、日常生活でも。

ただ、できないことも山ほどあるよ。

私を見ていて、「なにバカなことを言ってるの、もっとちゃんとしなさいよ」と思っている人もいっぱいいると思うんだよね。

だけど、この段階から1歩でも進めたらいいんだよ。

私は1年後に同じテーマで本を書くときには、もうちょっといい答えを出せていたらいいなって、いつもそう思ってるの。

たとえば、同じ質問に対する答えでも、もうちょっと愛のある言い方ができていたらいいなとか、言わなくてもわかるような笑顔があったらいいなとかさ。

愛でもなんでも、出すのは人のためじゃないんだよ。

愛をもらってないから自分は出さないっていうけど、出しゃいいんだよ、減るものじゃないんだから。

笑顔だってね、減るものじゃないんだから、出しゃいいの。

なぜかっていうと、笑ってる人のほうが得なんだよ。

それから人にやさしくしてるほうが得なんだよ。

「自分は親にやさしくしてもらってないからそういうことはできないんです」って言う人は、そうじゃないの。

やる気がないからできないだけなの。

どっちが本当に得か、損か、考えてみたらいいんだよ。

神様はね、あなたのことを愛しているから、考えればちゃんとわかるようにつくってあるんだよ。


斎藤一人 高津りえ 著
『神様にかわいがられる豊かで幸せな生き方』より

しあわせセラピー

☆しあわせセラピー☆


この世の中で一番カッコ悪いことって何だと思う?

人によって、いちいち態度を変えることだよ。

それって、神さまが一番嫌う、この世で一番カッコ悪いことなんだよ。

オレたちは、針の先ほどの金色の光り輝く分け御霊を、神さまからいただいているんだよ。

わかるかい?

どの人も、みんな同じ魂なんだよ。

それなのに、人によっていちいち態度を変えるって、その人の中の、神さまの魂を傷つけていることなんだよ。

もっといえば、神さまをバカにしてるのと一緒だよ。

だから、年が上だからとか、役職が上だからとか、自分がお客さんだからとか、どんな立場になろうが、態度を変えちゃいけないんだよ。

それとか、自分が勉強ができるからって、できない人をバカにしたり、自分がキレイだからって、他の人を見て小馬鹿にした薄ら笑いをしたりしちゃ、いけないんだよ。

人より自分が、ちょっとくらい秀でていることで、人をバカにしちゃいけないんだよ。

それって、神さまが一番嫌うことなんだよ。

魂に上も下もないんだよ。

どの人も、“同じ魂”なんだよ。


オレから言わせるとさ、人によっていちいち態度を変える生き方って、すごく疲れると思うよ(笑)

だって、どの人にも、やさしいていねいな態度でいたら、ワンパターンで楽なんだよ。

そのうえに、まわりの人から好かれるんだよ。

これをオレは《黄金のワンパターン》と呼んでるんだ(笑)

それなのに、わざわざ、人によって態度を変えて、手間ヒマかけたうえに、まわりの人から嫌われるって、すごいエネルギーのムダ遣いだよな(笑)

神さまって、本当にものすごくシンプルに、この世の中をつくってくれているんだよ。

だから、誰にでもやさしくて親切にしているのが、一番、簡単にしあわせになれる《黄金のワンパターン》なんだよ。


宮本真由美 著
『斎藤一人 世界一幸せになれる7つの魔法』より

しあわせセラピー

☆しあわせセラピー☆


どうしたらものごとをおもしろく考えられるんですかって言うんだけど、

それは、おもしろく考えようとする努力だよね。

私なんて、何でもおもしろく考えるようにして何十年も生きてきたから、回路がすぐスッとおもしろい方に行くんだよね。

これってね、おもしろく考えようって思う努力なの。

人生ってね、おもしろく考えてると、おもしろい人生になるんです。

その反対で、おもしろく考えない人は、人生もおもしろくなくなっちゃうの。

あのね、人って放っておくと、悲しいこととか苦しいことを考えるようになってるんです。

脳を放っておくと、そういうことばっかり考えるようになってるの。

だから、いつも悲しいんですとか、苦労が多いんですって言ってる人は、おもしろく考える努力を怠ってるんだよね。

言い方が悪いかもしれないけれど、簡単に言うと怠け者なんです。

魂の怠け者なの。

起きたことは、良くも悪くもないんです。

それを否定的に考えるのは簡単なんだよね。

でも、起きたことをおもしろく考えたり楽しく考えたりするのには、ひと工夫いるんです。

要は、「味つけ」なんだよね。

料理でも、肉だけ食べてるとか、野菜だけ食べてると味気ないよね。

だけど、塩をかけたり醤油をかけたり味つけをすると、同じ素材でもうんとおいしくなる。

味のある人っていうのは、料理と同じで味つけが上手い人なんです。

人生に対する味つけ上手なの。

松阪牛が美味いって言っても、肉だけ食べてたらそんなにおいしいわけないんだよ。

ところが、塩やコショウをかければ相当おいしくなるよね。

人生もそれと同じなんです。

起きたことをそのまま食べてる人がいるんだよね。

それだと、無味乾燥で何のおもしろ味もない。

そこにユーモアを交えるとか、ちょっと味つけをすると、抜群におもしろい人生になるんです。


舛岡はなゑ 著
『斎藤一人 奇跡を起こす大丈夫の法則』より

しあわせセラピー

☆しあわせセラピー☆


神様は、あなたがどんなときに肯定的なことを言うか、どんなときに否定的なことを言うかを、ずっと眺めています。

あなたが正しい受け答えができるかどうかを試しています。

こう言うと、中には自分の会社のことを、

「うちの会社は否定的な人間が多くて…」
と考える人がいるかもしれません。

でも、周りのことはどうでもいいのです。

一番大切なのは、あなたが肯定的かということです。

周りの人に左右される肯定論者であれば、それは大した肯定論者ではありません。

「あの社長ではヤル気が出ない」というのは、関係のないことなのです。

その前に大切なことは、あなたがその社長から給料をもらっているという現実を知ることです。

「自分が何をやったかを神様は見ているから、私はその給料以上に働いて神様にいい点数もらおう」
ぐらいのことを考えてみてはどうでしょうか。

宝石は、砂利の中で一個だけ光っているから宝石なのです。

周りが宝石でなければ、自分も宝石にはなれないと考えている人は、宝石の輝きを発することができません。

ダイヤモンドはどこにいてもダイヤモンド。

どこにいてもあなたは輝いていなければならないのです。


斎藤一人 著
『変な人の書いた成功法則』より

しあわせセラピー

☆しあわせセラピー☆


この世の中は、競争なんです。

よく「競争のない社会がいい」って言うけど、そうじゃないの。

それも、しくみのひとつ。

学校に行けば学校の中で競争があるし、会社に行けば社員同士の中で競争がある。

さらには同じ業界内、国と国とも競争しあっているんです。

それで、この競争も人生の修行なの。

どんな修行かというと、競争し、戦い、ときには負けることがあっても、それでも人を憎まない、めげない、ひがまない、さらにはそんな中でも人を助けることができますかっていう、修行なんですね。

この世において、競争に勝つことは、もちろん価値のあることなんだけど、神が問うてるのはその勝ち方なんです。

つまり、同じ勝つのでも、“愛と光を出してますか?”ってことなの。

愛とは、やさしさや思いやりなんです。

自分の仕事をさっさと終わらせて、まだの人がいたらその人を手伝うの。

それとか、自分がうまくいったやり方があったら教えてあげるの。

光とは明るさなんです。

競争だからって、鬼のような顔をしてやってたらダメだよ。

笑顔や明るいあいさつを心がけ、常にまわりが明るくなるようにするんです。

そうすれば、必ず競争に勝てる上に、魂の修行にもなるからね。

“競争のない社会”が理想のように言う人がいるんだけど、決してそうじゃないの。

それに、神様もそれを望んでいないの。

それよりも、競争という大変な中でもあなたが人にやさしくできるか、明るくいられるかというところを神様は試しているのです。

“キャンドルサービス”って、人に灯を分けてあげても、自分の灯は消えないんだよね。

それと同じで、人にいくら親切にしたって、自分の中の何かが減るということはないんです。

心が貧しい人って減らないものを惜しむんだよね。

人に笑顔で接したからってその人の笑顔が減るわけじゃないし、人をほめたり、ちょっとしたことで人を喜ばせることっていっぱいあるんです。

そんなちょっとした努力も惜しむ人って、決して豊かになることはできないんです。

だって減りもしないものを惜しむという発想が、すでに心が貧しいことだから。

逆に、減るものを粗末にしてはいけないんです。

たとえばお金も、あるからといって、無駄遣いしてはいけません。

それって、たとえば戦争で一万人の兵隊がいるから、「100人くらいの兵隊が死んでも問題ないから突撃させてみろ」って言ってるのと同じなの。

その無駄死にする100人の人たちは、たまったものじゃない。

人を助けるのにお金を貸すときも注意が必要なんです。

その金額が、自分にとって無理のない額なのか。

人を助けるのに、自分の生活ができなくなるのは本末転倒なんです。

それに、お金以外でその人を助けることができないかということも、よく考えたほうがいいよね。

たとえば飢えている人に魚をあげるよりも、魚の捕り方を教えてあげたほうがその人のためになります。

それに、そうした知恵って減らないよね。

私たちは神様から、たくさんの愛と光を前払いでもらっているんです。

そして、その愛と光って減らないんですよ。

だから私たちはその愛と光のキャンドルサービスで、まわりの人たちを明るくしたり、やさしくしていけばいいんです。


斎藤一人 著
『変な人の書いた世の中のしくみ』より

しあわせセラピー

☆しあわせセラピー☆


何だかんだ言っても結局、人は好きな人にほめられるのが最高にハッピー。

だから、人に好かれる人間になればいいんです。

好かれる人間になるって、そんなに難しく考える必要はありません。

人が嫌がることをしなきゃいいだけです。

人を傷つけることを言ったり、いばったりしなきゃいい。

今日は機嫌がよくて明日は不機嫌で、あさってはどうなるかわかんない、お天気屋にならなきゃいいんです。

それで、みんなに好かれる人とは、いつも誰に対しても“上気元”でいる人。

いつも上気元な人はどこに行ってもそこに笑顔の花を咲かしちゃうの。

笑顔とか気分って、伝染するんだよ。

いつも上気元な人がいるだけで、周りの人がみんな明るくて楽しい気分になっちゃう。

上気元というのは太陽みたいに闇を消すの。

人の心は、太陽を求めてるんだよ。

みんな、気分よく明るく生きたいの。

それで、最高に気分がいい上気元で人をほめだすと、相手は最高にうれしくなってその人の人生がよくなるし、ほめたほうも無上の喜びが手に入る。

だから、いつも上気元でいると、しあわせの輪が大きくなる。

雪の塊をころがしてって大きな雪だるまになるのと同じで、どんどん、どんどん大きくなるんだよね。

それが大きくならないのは、お天気屋で気分がよかったり悪かったりするからなの。

だから、いつ何があっても上気元でいられるように、ふだんから練習をしとくといいよ。


みっちゃん先生 著
斎藤一人 すべてがうまくいく「ほめ力」より

しあわせセラピー

☆しあわせセラピー☆


「私は不幸が続くのです」と言う人がいます。

そういう人の考え方のフィルムには不幸という傷があり、そのフィルムがそのまま現実となって目の前に映し出されます。

そのうえ、傷はどんどん大きくなってしまう。

なぜかといえば、傷を負った現実は、そういう現実をまた作る。

すると、それが自分にフィードバックされて、「やっぱりそうだ」ということになって、傷が広がったフィルムが作られて、それをまた映し出す。

悪循環が起こって、フィルムの傷はどんどん大きくなっていく。

だから、さらに不幸になるのです。

この世の中、一年間だって、春があり、夏があり、秋があり、冬があり、四季すら4回も変わる。

ずっと何年間も不幸だというのは、絶対不幸なフィルムを入れているからです。

これを替えない限り、幸福は絶対にやってきません。

ブッダも、キリストも、このことを話しています。

しかし、昔は映写機というものがないから、ものすごい難しい説明になっていただけなのです。

簡単に説明すれば、心と考え方だけ。

命という光がこの考え方のフィルムを通して、現実となって映し出されているということです。

だから昔から、「自分に起こることは100%自分の責任だと思いな」と私は言っているのです。

でも、思いを急に変えられないかもしれない。

それだったら、言葉から変えようと言っているのです。

「ツイてる」「うれしい」「楽しい」「感謝してます」「幸せ」「ありがとう」「許します」などの天国言葉。

天国言葉を使っていると、自然に心が変わってきます。

だけど、突き詰めて言うと、あなたの考え方が問題なのです。

あなたの心には、傷などついていません。

小さなころからさまざまなことがあったと思うけれど、心に傷なんて一つもついていない。

うまくいかないようならば、それは考え方に傷がついているからです。

うまくいっている人とうまくいっていない人を、よく観察してみてください。

考え方が違うだけです。

考え方というフィルムを替えないで行動だけを変えても、うまくいきません。

不幸のフィルムからは、不幸な事象しか起こらない。

不幸なことばかり起こると、そのうち怖くなって行動もできなくなってくる。

重要なことは、考え方のフィルムを替えること。

心は傷つきません。

今、あなたに起きていることは、あなたのフィルムが現実として映っているだけなのです。


斎藤一人 著
『普通はつらいよ』より

しあわせセラピー

☆しあわせセラピー☆


昔は、家柄の時代だった。

実力がなくても、殿さまの家に生まれたら殿さまになれたんです。

そしたら、次に学歴の時代がきて、今は魅力の時代。

魅力の時代は、魅力をつけていった人が成功します。

魅力があれば、仕事でも、人生でもなんでもウマくいく。

じゃあ、魅力とはなにかというと、まず「見た目」

それと、「なにをいうか」なんです。

たとえば、自分が車の運転をしていて、助手席の人が寝てるとする。

そのとき、「オレは、運転してるとき、隣で寝られるのが一番嫌なんだ」っていう意見があってもいいんです。

ただ、その答えは0点かもわかんない。

「眠いときは寝ていいんだよ。ちゃんと安全運転で行くからね」っていったら100点かもわかんない。

あなたは、何点の答えを出しますか?

奥さんがセーターを買って帰ってきたとき、旦那さんが「おまえばっかり、セーター買いやがって」とかいうと、マイナス50点かもわかんない(笑)

「いいセーター、見つけてよかったな」っていうと、50点かもわかんない。

「おまえ、来年は二着買えるように、オレ、がんばるからな」っていうと、100点かもわかんない。

だから、魅力とは、「見た目」と「いう言葉」

あなたの笑顔、何点ですか?

あなた、何点の言葉、しゃべってますか?

人がついて行きたくなっちゃうようなこと、いってますか?

今は魅力の時代だよ。

権力をふりかざして、人をついてこさせるような時代じゃないよ。

だから、見た目と、いう言葉なんです。

「見てくれがよくたって、どうのこうの」「どんなにいいことをいってても、中身がよくなきゃ」とかっていう人もいるけど、そうやっていってる人は眼力がない(笑) 。ホントだよ。

だいたい、人っていうのは、相手の見た目と、いうことを聞いてたら、その人間がなにをするか、ほぼ、わかるんです。

入社試験の面接でも、見た目と、なにをいうかで、採用するかしないか決めるよね。

お店をやってても、お客さんに、ぶすっとした顔で、愛のない言葉をいってたら、お客さん、「ヨソのお店で買い物しよう」ってなるよね。

もちろん、見た目と言葉だけじゃなく、行動もともなってなきゃいけないよ。

見た目よくして、言葉よくしても、働かなかったら、生きていけないからね。

だけど、ちゃんとした身なりをして、魅力的な言葉をいってる人で、行動がともなってない人は、ほとんどいないよ。

見た目と、いう言葉で人生が決まる、ということもわかってるから、マトモな行動をしてるんです。

それを見抜けないから、「見てくれがよくたって、どうのこうの」とかいっちゃう。

見抜いてなかった人は、ちゃんとした身なりをして、魅力的な言葉をいってごらん。

そしたら、もっと、もっと、魅力的になって、飛躍的に人生がよくなるから。


斎藤一人 著
『愛される人生』より

しあわせセラピー

☆しあわせセラピー☆


すべての人間関係は、

「相手に期待しない。相手を変えようとしない」の修行です。

自分が育ってきた場所では正しかったことでも、他のところではそうではないことがあるんだから、

互いが、「自分が正しくて、相手が悪い」と、いい合っていたら、キリがありません。

人間関係をよくしたいと思うならば、相手を変えるより、自分が変わる以外に術がありません。

よく結婚式で、新郎新婦が、
「言いたいことは言い合える夫婦になりたい」とかいいますが、あれはいけません。

夫婦でも、お互い、いいたいことをいい合ったら、壮絶なバトルに発展します。

夫婦でさえそうなのだから、お互いマナーというものをもって、相手の気持ちを思いやりながら話す、ということをやっていかなくてはいけません。

ちょっと気取っていえば、
「ウィットのある言葉」というのでしょうか?

話す言葉が、明るくて、笑いがある。

どんな話でも、「笑い」は入れられるんです。

楽しく話して、楽しくいろんなことができればいいんです。

そうすれば、人間、お互い、ハッピーになれるんだから。


斎藤一人 著
『ツイてる!』より

| 1/519PAGES | >>